忍者ブログ

祝詞作文ノート

祝詞語彙9

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

祝詞語彙9

万葉集巻第一より
【九番歌】

莫囂円隣之大相七兄爪謁気 わが背子が い立たせりけむ 厳橿が本

〇立たせりけむ……「立つ」に三つ助動詞がついている。「す」は尊敬、「り」は完了、「けむ」は過去推量。したがって、お立ちになっただろう、という意味。

〇厳橿が本……「厳」の読みはイツで「神聖な」。「橿」はカシ。

【補足】

 祝詞作文とはあまり関係ないが、上二句「莫囂円隣之大相七兄爪謁気」は古来、訓読に諸説あって、はっきりとしていない。例えば賀茂真淵は「紀の国の山越えてゆけ」、本居宣長は「竈山の霜消えてゆけ」、鹿持雅澄は「三諸の山見つつゆけ」と読んでいる。

【研究】

「厳橿が本」は、この歌が詠まれた頃にはすでに、慣用表現になっていたかもしれません。雄略天皇記の歌謡に「御諸の厳白檮(いつ・かし)がもと」とあります。

 また「いつ」はこの歌のように、接頭語的に使えます。「いつ神籬」「いつ紙垂」「いつ注連縄」などの言い方ができるということです。「ゆつ」についても同様で、現に古事記でも「ゆつ津間櫛(つまぐし)」の用例があります。「いつ」と「ゆつ」は親戚ですから、こんにちのわれわれの目で見れば、どっちを使ってもいいんじゃないの、と思えるケースが多いのですが、似ていてもやはり違う語です。どう使い分けをすればよいのか、押さえておく必要があります。
PR

コメント

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

プロフィール

HN:
相内神社宮司
性別:
非公開

P R