忍者ブログ

祝詞作文ノート

祝詞語彙24

祝詞語彙24

万葉集巻第一より

【二十四番歌】

うつせみの 命を惜しみ 波に濡れ 伊良虞の島の 玉藻刈り食(は)む

〇命を惜しみ……命が惜しいので。

【研究】

「刈り食む」の意味は「刈って食べる」。この訳のように、こんにちでは例えば「行って来る」「見ている」「書いておく」など、動詞ふたつを「て」で結ぶことが多く、一語と見なしてよいものもあります。

 逆に古語にするには、この「て」を取ればよいわけです。「行って来る」は「行き来(く)」、「見ている」は「見いる」(ただしこの場合の「いる」は「居る」)、「書いておく」は「書きおく」など。

PR

コメント

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

プロフィール

HN:
相内神社宮司
性別:
非公開

P R