忍者ブログ

祝詞作文ノート

祝詞語彙6

万葉集巻第一より

山越の 風を時じみ 寝る夜おちず 家なる妹を かけて 偲ひつ

【六番歌】

〇風を時じみ……「時じ」はここでは「絶え間ない」という意味。ミ語法も加味すると全体で「風が絶え間なく吹いているので」。

〇寝る夜落ちず……ここでの「落ち」は「欠けることなく」という意味。毎晩寝床で、ということ。祝詞の慣用表現「もるることなく、おつることなく」の「おつ」と同様の意味。

〇かけて……意味は現代語と同じだが、この語が歌の中で使用されると、何に「かけて」いるのかが書かれていないことが多い。ここでは「心にかけて」。「掛けまくも畏き」という祝詞の慣用表現との関連から、注意したい。

PR

コメント

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

プロフィール

HN:
相内神社宮司
性別:
非公開

P R